保存車めぐりの記録

ようこそいらっしゃいました。 保存・放置鉄道車両巡りがメインのブログです。

200
場所:大阪府大阪市東淀川区東淡路2-6-1
交通:淡路駅から徒歩5分
見学:通常は柵越し。時おり実施される公開イベントについては保存会HPをご覧ください。

淡路駅近くの公園に保存されている車両です。

EH10形は東海道・山陽線での重量級貨物列車牽引に特化して開発された車両で、1954年(昭和29年)から64両が造られました。
2車体連結の22、5メートルの車体長を持つ国鉄最大級の電気機関車で、8軸駆動の強力機です。

日本の鉄道史を彩る名車と言えますが、保存されたのはこの61号機のみで、他の車両はすべて解体処分されました。

198
柵によって完全にガードされています。間近に見学できないのは残念ですが、EH10形唯一の保存車ですので、荒らされる心配のない環境であることは嬉しいことです。

201
202
保存場所は住宅街の中にある小さな公園です。車両を解説する掲示や看板も無く、価値のある車両なのに味気ないな、という感じがしました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (1)

    • 1. ヂーゼル機関車
    • 2018年09月27日 15:25
    • 保存車とは、おもしろい視点ですね(∩´∀`)∩
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット