保存車めぐりの記録

ようこそいらっしゃいました。 保存・放置鉄道車両巡りがメインのブログです。

isewan2
4月のはじめごろ、大阪で所要がありました。

当日が連休の二日目だったため、前日のうちに「青春18きっぷ」を使って途中寄り道をしながら大阪へ向かってみることにしました。

青春18きっぷの詳細


map (1)

◆行程
①東京5:20→三島7:22
②三島7:29→静岡8:29
③静岡8:31→浜松9:43
④浜松9:44→豊橋10:20
⑤豊橋10:45→三河田原11:20(豊橋鉄道渥美線)
⑥三河田原11:28→伊良湖シーパーク前12:17(豊鉄バス伊良湖本線)
⑦伊良湖13:40→鳥羽14:35(伊勢湾フェリー)
⑧鳥羽14:59→伊勢市15:11
⑨伊勢市17:13→亀山18:31
⑩亀山18:38→加茂19:54
⑪加茂19:59→奈良20:14
⑫奈良22:39→天王寺23:13
(旅行時期:平成30年4月)

◆東京発最初の東海道線で豊橋へ
■東京5:20→豊橋10:20
023
東京5:20発の沼津行で出発。東京駅発の東海道線では最初の列車です。

BlogPaint
終点沼津のひとつ手前の三島で下車。ここで始発の島田行に乗り換えです。

027
朝食は静岡のご当地パン「のっぽパン」です。三島駅ホームの売店で買っておきました。

030
さらに静岡と浜松で乗り継ぎ、10:20に豊橋に到着。普段「18きっぷ」で西へ向かう時はこの先も東海道線を乗り継いでいきますが、今回はここからJR線を離れて私鉄を利用します。

◆豊橋鉄道の電車とバスで伊良湖岬へ
■新豊橋10:45→三河田原11:20
028
JR豊橋駅のすぐ脇にある豊橋鉄道渥美線の新豊橋駅に来ました。

豊橋鉄道は私鉄なので18きっぷは使えません。そのため、別にきっぷを買います。

BlogPaint

駅の窓口で鳥羽まで有効の伊勢湾フェリーとのセット券(2,060円)を購入。豊橋鉄道とフェリーを普通運賃で利用するより約1,000円お得です。

032
豊橋鉄道の電車は元は東急電鉄で使われていた7200形というタイプ。現役約50年のベテランです。

BlogPaint
豊橋の市街地を抜けると畑が広がるのどかな車窓となりました。終点の三河田原までは30分あまりです。

035
終点の三河田原駅に到着。渥美半島を3分の1ほど入った場所ですが、電車はここまで。この先はバスに乗り換えです。

■田原駅11:28→伊良湖シーパーク前12:17(伊良湖岬12:20)

036
駅前広場で待っていると、ほどなく伊良湖岬行のバスが到着。このバスは豊橋駅前が始発(10:35発)なので、電車に乗らず豊橋からバスだけで伊良湖まで行くこともできます。

038
田原街道を西へ向かいます。畑の中に時おり集落がある穏やかな道ですが、伊良湖岬に近づくにつれ山がちの地形になりました。三河湾を望む場所も。

042
目的のフェリー乗り場はバスの終点ですが、まだフェリーの出航までは時間があります。そのため、昼食を食べたくて「伊良湖シーパーク前」で下車しました。

少し田原方面に戻って「宮下」という丁字路のあたりまで来ると、渥美半島の名物「大あさり」をはじめとした魚介類を出す食堂が何軒かあります。

043
その中の一軒、「みなみ」に入ってみました。

040
この店のオリジナルらしい「大あさり丼」を頼みました。ご飯の上に大アサリの卵とじが載っています。見た目には卵が多く見えますが、大アサリの存在感がしっかりあります。少し甘めの味付けも好みでした。

044
お店からフェリー乗り場までは漁師町の中を歩いて15分ほど。漁港に来てみると昼なのにセリをやっていて、賑やかな声が響いていました。

◆伊勢湾フェリーで約一時間の船旅
■伊良湖13:40→鳥羽14:35
045
ターミナルに着きました。道の駅も併設されており、なかなか立派です。

046
ターミナル内の食堂も大アサリ推しです。

047
手前の「鳥羽丸」が乗船する13:40発の鳥羽行となります。これから乗る船を目にすると、船旅を前に気分が上がりますね。実際に乗るのは1時間たらずなんですが。

048
一般客室に入ります。乗客は非常に少なく、見た限り船全体で20人くらいと思われました。この日は平日だったので、週末にはもうすこし客がいるのかもしれませんが、それでもこれでやっていけるのか…と心配になります。

051
定刻に出航。渥美半島が遠ざかっていきます。

052
ほどなく左舷側に見えてきた「神島」。距離としては渥美半島に近いものの鳥羽市に属すのだそうです。

056
「ミキモト」が所有する「真珠島」の前を通り、

057
ほどなく鳥羽に入港。春らしい暖かな海風が心地よい1時間でした。

BlogPaint
鳥羽のターミナルは伊良湖より大きく、土産屋や食堂も充実していました。

061
フェリー乗り場から鳥羽駅までは徒歩で15分ほど、真珠の養殖場を見ながら歩きます。

062
鳥羽駅に着きました。駅前には、大あさりやサザエ、伊勢うどんを出す店が並んでいました。食指が動かないでもないですが、食事は伊良湖で食べたので、ここはパスします。

■鳥羽14:59→伊勢市15:11
065
ここからは再び「18きっぷ」の出番です。参宮線の列車で伊勢市へ向かいます。

◆二時間でお伊勢参り
069
伊勢神宮の最寄駅。伊勢市に着きました。この後の乗り継ぎの都合で2時間後の列車に乗りたいのですが、せっかくなのでお伊勢参りをして行こうと思います。
昔の人は「一生に一度は…」などと言ってお参りしたお伊勢さまをつまみ食いのような形で回るのは気が引けますが、とにかく行ってみようと思います。

070
まずは駅前から延びる参道を歩いて「外宮」へ。道中の建物も風情があるのが多いです。

071
外宮のすぐ前にあった路面電車の記念碑。

BlogPaint
外宮入口の「火除橋」へは駅から500mほどです。橋を渡って境内へ。

073
正宮をお参りしました。

074
続いて10分ほどバスに乗り、「内宮」へ。

075
伊勢湾岸を環状に回る国道23号線はここが終点。

076
近鉄の駅名にもなっている五十鈴川を宇治橋で渡り、境内へ入ります。

079
正宮への道中にある「内宮神楽殿」。

078
内宮でも正宮にお参りしました。

BlogPaint
境内を出て、内宮の入口から延びる「おかげ横丁」に来ました。ここを散策するのもお伊勢参りの楽しみのひとつですね。
小腹も空いてきたので、伊勢うどんでも食べたいなと思いましたが、時間が無かったので。。

080
内宮のすぐ前にある「赤福」の支店で、お餅とお茶のセットを頂きました。出来立ての餅は軟らかくておいしいです。
わずか2時間でのお伊勢参りはかなりの駆け足で、正直なところ少し無理をしたかなと思いました。せめて内宮とおかげ横丁だけにすればよかった。。

◆ディーゼルカーを乗り継いで奈良へ

■伊勢市17:13→亀山18:31
087
駅に戻り、紀勢線に直通する亀山行に乗車。2両編成で、電車ではなくディーゼルカーです。トイレはありますが座席はすべてロングシートです。

088
田丸を出てすぐ見えた田丸城址。桜がきれいです。

090
紀勢線と接続する多気では6分停車しました。静かな駅に3本の列車が到着し、束の間の賑わいです。

089
駅前に出てみましたが、「歓迎」のアーチがありながら開いている店はなし。近鉄が強いからか自家用車のせいか、三重県のJRの駅前は総じて寂れている気がします。

093
松阪、津と主要都市ではかなりの乗り降りがあって、日が暮れたころに終点の亀山に到着。かつては長距離列車が多く発着し、伊勢神宮へ向かう客が必ず通った駅であり、堂々とした造りが往年の栄華を感じさせます。

■亀山18:38→加茂19:54
094
続いて関西本線へ乗り換えです。こちらもディーゼルカーで、キハ120形というJR西日本のローカル線用の小型車両です。

095
旧東海道の宿場がある関駅を越えると加太峠を越え、滋賀県へ入ります。県境を越えて最初の柘植駅では草津線の電車が発車待ち中。草津線は京都への短絡ルートです。

096
終点加茂の一つ手前の笠置駅。桜の名所で、駅を取り囲むように桜が咲いていますが、暗いのでイマイチ見えず。。

■加茂19:59→奈良20:14
097
加茂からは電車に乗り換えです。いよいよ大阪が見えてきました。

098
このまま大阪まで行ってもよかったのですが、行ってみたいお店があったので、奈良で下車しました。

◆奈良では「ホルモンの天ぷら」で一杯
104
駅前から天理方面のバスに乗り、「古市」というバス停で下車。「ニシオカ」というお店に来ました。
奈良県の一部では「ホルモンの天ぷら」というのがあり、こちらのお店で食べられるということです。

102
101
ホルモンだけでなく野菜や魚介もあるのですね。迷っていると「初めてならホルモンの盛り合わせがあるよ?」と言われたので、それを所望。

100
まずは生とお通しのチャプチェ。

103
盛り合わせは、フク、キモ、ミノ、ハチノス、センマイとなっております。ちょっとホルモンには疎いもので、どれがどれだかわかりませんでしたが…
臭みのないホルモンの歯ごたえの良さとサクッとした衣の組み合わせ…。いや、これはおいしい。「奈良に美味いものなし」なんて聞いたことありますが、そんなことないですね。

「部位ごとに煮込む時間が違う」「昔は桜井あたりにけっこう扱う店もあったけど、処理が大変だし、ほとんどやめちゃったね」
一見の旅行者にも笑顔で親切なご主人でした。

105
帰りは奈良駅まで歩いていきました。途中にあった「花園新温泉」という銭湯に入りました。

106
昭和のまま時が止まったような浴室。いいですねー。

107
駅への道中、「ならまち」を通りました。静かな夜は昼とは違った情緒があります。

■奈良22:39→天王寺23:13
108
最後に大和路線の快速で大阪へ向かいます。すっかり遅い時間となり、車内も空いていました。

109
23時過ぎ、大阪の天王寺に到着。
東京から大阪への道のりとしては大変な遠回りをしましたが、船旅やお伊勢参り、珍しい食べ物を楽しめ、充実の一日でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット