保存車めぐりの記録

ようこそいらっしゃいました。 保存・放置鉄道車両巡りがメインのブログです。

275
場所:愛知県名古屋市中区栄2-17-1
交通:伏見駅5番出口から徒歩6分。ほか大須観音駅、矢場町駅、栄駅なども徒歩圏です。
見学:外観のみ

名古屋市中心部の科学館前に保存されている車両です。

1400型は昭和12年に名古屋で開催された「汎太平洋平和博覧会」を前に昭和11年から登場した形式で、昭和49年の市電廃止まで主力車両でした。
この1401号は昭和11年に日本車輌で製造され、複数の車庫を移動して最後は大久手車庫の配置となり、市電全廃まで使用されました。

上屋のない状態で展示されていますが、定期的に整備されているようで状態はきわめて良好です。

1400型はこのほか、日進市のレトロでんしゃ館、同市の東小学校にも保存車があります。

279
280
278
274
277
1401号のとなりには明治時代の輸入蒸機、ドイツ・ハノーバー社製のB6型2412号機が保存されていましたが、現在大阪の業者に運ばれ、整備中です。動態復元を目指すということなので、実現を願いたいところです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット