保存車めぐりの記録

ようこそいらっしゃいました。 保存・放置鉄道車両巡りがメインのブログです。

223
場所:保見駅
見学:外観のみ

愛環線保見駅の真下に設置されている車両です。台車ありで、しかもバラスト敷きの線路上に保存されており、この種の車両としては破格の恵まれた環境です。

ヨ6000形は昭和37年から約900両製造され、この車両は昭和43年製です。全国で使用されましたが、国鉄末期に貨物列車の車掌乗務が廃止されると用途がなくなりました。
後継のヨ8000には係員の添乗などの用途でJRに残ったものもありましたが、ヨ6000についてはJR化前に全車廃車となっています。

エアコンの室外機や水道管が接続されており、地域の集会所か駐輪場の詰所のような用途で活用されていると思われますが、駅員さんのお話では、最近は使っていないようだ。ということでした。

224
225
226
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット