保存車めぐりの記録

ようこそいらっしゃいました。 保存・放置鉄道車両巡りがメインのブログです。

DSCF7376
場所:千葉県いすみ市作田1298
交通:上総中川駅から約2.5km。タクシーの場合は国吉駅から。
見学:金、土、日、月、祝日の10時~16時。他に不定期営業あり。詳細はHPで。

久しぶりに「ぽっぽの丘」に行ってきました。
いすみ市にある「ぽっぽの丘」は、御宿町に養鶏場を持つ「ファームリゾート鶏卵牧場」が営業する卵の直売所ですが、廃車となった車両が次々に運び込まれて現在総勢21両となり、首都圏の鉄ヲタにとっては「聖地」と呼べる存在になっています。

DSCF7372
まずは入口に近い車両から。万葉線のデ7052号です。

DSCF7373
この車両は卵の直売所になっています。

DSCF7352
銚子電鉄のデハ701号、元は近江鉄道で昭和16年に導入されたモハ52です。

DSCF7354
こちらも物販所になっていました。準備中なのか品物はほとんどありませんでしたが。

DSCF7348
同じく銚子電鉄のデハ702号。

DSCF7350
車内はプラレール売り場に

DSCF7345
北陸鉄道石川線から来たモハ3752号。

0008
この車両は平成のはじめに東急から7000系が転入するとほとんど出番はなくなりましたが、予備車として平成19年まで在籍していました。

DSCF7346
車内はなかなかきれいです。テーブルや箸箱があって、ここで食事ができるようになっているようです。

DSCF7343
ご近所いすみ鉄道の204号。いすみ鉄道開業用に昭和63年に製造された車両です。

DSCF7344
車内はイートインスペースに。この車両のすぐ脇に売店があり、そこで販売されている丼物や卵かけごはんを車内で食べることができるようです。

DSCF7355
キハ38-1。国鉄末期に八高線のサービス改善を目的にキハ35の改造名義で導入された車両で、八高線電化に伴って久留里線に転属して平成24年まで使用されました。
キハ38は7両のみの少数形式で、地元千葉ゆかりの車両とはいえマニアックな車両を持ち込んだものだと思います。

DSCF7358
DSCF7357
ブレーキ弁や力行ハンドルはキハ35からの流用品で、そこそこ新しめの外見に対し運転台は古風です。

DSCF7356
この車両はコストを減らすためバス用の部品を多用したとのことで、エアコンの扱いも普通の車両とはまったく違うのでしょうか。乗務員向けの説明がすいぶん細かいです。

DSCF7359
千葉都市モノレールの1003号と1004号。普段はレールに吊るされている懸垂式モノレールが地面にベタ置きされている姿はなかなかシュールです。
台車は外されて左奥に置かれています。

DSCF7367
ヨ5000形3両、ヨ8000形1両とスイッチャーの編成。スイッチャーは稼働状態のようで、ヨに乗客を乗せて往復していました。(写真は運転が終わった後です)

DSCF7362
DSCF7363
ヨの乗車口。あまりフレッシュな車両ではないと思います。

DSCF7364
丸ノ内線の454号。400形は初代300形に続いて製造された丸ノ内線では2代目の車両ですが、延命修繕される車両があった300形とは違ってとくに手を加えられなかったため、02系の導入初期から優先的に置き換えられて、300形より早い平成3年にはすべて引退しました。

DSCF7366
車内はプラレールやガチャガチャが置かれたりと、ちょっと雑然とした感じ。

DSCF7365
乗務員室。400形は末期は編成の中間に連結されていたため、運転台は原形のままです。
汽笛は小型のコンプレッサーに繋がっていて、ペダルを踏むと懐かしい「ブフーー」という汽笛が鳴ります。

DSCF7370
IMG-0011
この車両は「ぽっぽの丘」に来る前は目黒駅近くの「日の出幼稚園」で幼児の遊び場として利用されていました。

DSCF7341
昼時でおなかが減ってきたので、いすみ鉄道204号の横にある売店で食事にしようと思います。

DSCF7342
ちとお高めですけど、一番上の「たまごかけご飯」を頼みました。ここは卵がウリの場所だし、品書きのトップに据えるのはオススメということだろうと解釈して。

IMG_7889[1]
いすみ204号の車内で実食。ご飯とかきたまのすまし汁に佃煮、そして卵1個という内容となっております。

IMG_7890[1]
卵を割り落してかき混ぜると、なかなか白身と混ざりません。黄身がしっかりしてるのは良い卵の証拠…なのかな?

IMG_7891[1]
ご飯にかけて、混ぜて、かっ込みます。確かに卵の味が濃いというか、これは家で食べる「たまごかけ」より全然おいしいです。

IMG_7892[1]
のどかな景色を眺めつつシンプルながらも美味しい食事。なかなか幸せな気分になれます。

その2へ続く
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット