保存車めぐりの記録

ようこそいらっしゃいました。 保存・放置鉄道車両巡りがメインのブログです。

037
場所:千葉県佐倉市飯野820
交通:京成佐倉から佐倉市循環バス内郷地区循環ルートにて「草ぶえの丘」下車
見学:見学には大人410円の入場料がかかります。開園日時についてはHPをご覧ください。ドアは施錠されていますが、受付でお願いすれば車内見学可能とのことです。

佐倉市の北部、三方を印旛沼と鹿島川に囲まれた半島状の場所にある「佐倉草ぶえの丘」は、バーベキューやキャンプが出来たり動物と触れ合えたりする大きな公園です。
その公園の一角に都営三田線6000形の、なぜか中間車が2両置かれています。

この2両を含む編成は6300形の第一陣の投入終了後も唯一残った非冷房の編成で、予備車だったようで末期はほとんど運転されなかった覚えがあります。

040
床下機器はきれいに取り払われています。秩父か熊本かジャカルタにあげたのでしょうか。

041
ドアは施錠されていたので、ドアにケータイを突っ込んで車内を撮影。現役当時のままのように見えます。

039
038
048
裏側は人目に付きにくいためか、かなり汚れています。

042
非冷房のモニター屋根が見れるのも何気に貴重ですし、地下鉄車両の保存車は例が少ないから有難いですね。でも中間車ですけど。

043
045
園内ではニワトリやヤギと触れ合うことも出来ます。ヤギはほとんどが寝てるか食事中で相手してくれませんでしたが。

034
ミニ列車もあります。駅は構内が広くてなかなか立派です。線路は1kmを超える長さがあるそうです。

035
ミニ列車用の「お立ち台」。

046
転車台上にある3線軌道のポイント…。よくこんなの作りましたね。

047
エントランスにある本館に入ってみると、いくらかの鉄道関係の資料が展示されていました。
京急800形のデビュー記念の乗車券とか全然この場所と関係ないと思うんですが…


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット