保存車とB級鉄道

ようこそいらっしゃいました。当ブログでは保存車や鉄道をフィーチャーしたマイナースポットを紹介していきたいと思います。 てっぱくやリニア館、SLみなかみ号などのメジャーどころについては他をあたってください。

082
場所:千葉県習志野市藤崎7-14
交通:津田沼駅から徒歩20分。京成大久保駅から徒歩15分。京成バス「電話局」下車徒歩5分。
見学:柵越し

習志野市の公園の保存車です。
中央西線の上松から分岐していた木曾大滝森林鉄道の車両で、昭和50年の路線廃止まで活躍し、昭和51年から当地で保存されています。
酒井製のディーゼル機関車と貨車2両、客車1両の編成です。
ボランティアの手で整備されているそうで、状態は悪くありません。特に腐食しやすい木造車体の客車の状態の良さには眼を見張るものがあります。

大滝森林鉄道は日本最大規模の森林鉄道として知られた木曾森林鉄道の中にあって、日本の森林鉄道の中で最末期まで残った路線であるために車両の保存例は多いですが、よりによってなんで千葉の習志野なんて無縁な場所に?とも思います。

085
081
083

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット