保存車めぐりの記録

ようこそいらっしゃいました。 保存・放置鉄道車両巡りがメインのブログです。

アゼルバイジャン2日目、今夜の夜行列車で隣国ジョージアの首都トビリシに向かいますが、夜まではバクー近郊の見どころを回ってみようと思います。

客待ちをしていたタクシー運転手のおじさんに声を掛けて値段交渉。こちらから最初に言った値段であっさりOKしてくれました。もう少し安めでも大丈夫だったぽいです。

DSCF7041
まずはマサズィル・ギュルという湖。水にヨード成分が含まれるために湖面がピンクに見えるらしいのですが。

DSCF7045
いやー、普通の水の色ですね。日光の当たり方によって色が変化するらしいので、時間が悪かったのかも。

DSCF7044
この湖は良質な塩が取れるそうで、あちこちに塩が積み上げられたり、それをショベルカーで採取していました。

DSCF7048
産油地らしく道中あちこちに油井があり、ポンプがギッコンバッタンと動いていました。

DSCF7049
ヤナル・タグという場所。山の斜面から噴き出す天然ガスによって火が消えずに燃え続けています。

DSCF7051
拝火教(ゾロアスター)寺院。18世紀に商人としてこの地にいたインド人のゾロアスター教徒が建てたそうです。

DSCF7052
ガスによって地面で火が燃える姿が見えるこのあたりは、火を神として崇めるゾロアスター教徒の目には聖地として映ったのでしょうね。

DSCF7054
タクシーのおじさん。話聞いているとどうもアブハシアの人のようで、難民なのかな?

238
おじさんに誘われてお昼ご飯、チャイと焼いた羊肉をパンで巻いたケバブのようなものを頂きました。ここはおじさんが奢ってくれました。ごちそうさまです。

240
物欲しげな猫。一切れだけわけてやりましたが、すぐ店員に棒で追い出されました。

234
バクーに戻ってきました。丘の上の3棟のビルはバクーのシンボル、「フレームタワー」。国旗を振る人の姿がLEDで再現されて国民の愛国心を駆り立ててます。

233
列車の発車まで時間があるので、駅の近くの立ち飲み屋に入ってみました。街中に普通に居酒屋があるとは、イスラムの国なのに酒に寛容ですね。

232
ハシュという羊肉のスープ。かなり煮詰めているのか肉の旨味がよく効いています。

DSCF7069
バクー中央駅にやってきました。
右の列車が一晩お世話になる第38列車トビリシ行。左はロシアへの列車のようです。コーカサス山脈を越えるロシアへの汽車旅なんて魅力的ですが、残念ながら第3国の外国人は乗車できません。

DSCF7072
牽引機は連結型。ソ連時代から使っていると見える重厚な車両です。

DSCF7073
客車は多分ロシア製。中国やロシアと同じく女性車掌が1両ごとにいて、客の世話をしてくれます。

DSCF7074
一晩お世話になるコンパートメント。車内は清潔で、エアコンも付いています。

257
リネン類は袋入りで車掌が届けてくれました。描かれた列車がどこかで見覚えがある某国の高速列車にしか見えませんけれども。

258
シーツにも同じイラストがズラズラと描かれています。かつて世界を震撼せんとした極東アジアの高速列車の影響は南コーカサスまで及んでいるようです。モデルの車両がちょっと古いですけど。

254
となりの列車はソ連時代の非冷房車のようです。できればあっちに乗りたかった。

261
定刻の20:30に発車。すぐに真っ暗になると思ってましたが、しばらくは遠くに街灯りが見えました。
夜汽車の車窓眺めながらビールをチビチビやるのはいいですね。

BlogPaint
翌朝、出国にあたって持ち出し品とか同行人とかいろいろと記入させられます。わからない英単語もあったので同室のウクライナ人に手伝ってもらいました。すみませんね本当に。
手続きがいろいろ面倒くさいアゼルバイジャンと違って、ジョージア側は入国用紙すら無し、審査官が列車に乗ってきて2、3質問されましたが、すぐスタンプを捺してくれました。

DSCF7076
トビリシに到着。10:45の定刻より1時間ほど遅れました。
機関車がジョージアのものに代っていますが、これもソ連時代の車両かと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット