保存車とB級鉄道

ようこそいらっしゃいました。当ブログでは保存車や鉄道をフィーチャーしたマイナースポットを紹介していきたいと思います。 てっぱくやリニア館、SLみなかみ号などのメジャーどころについては他をあたってください。

432
場所:東京都大田区萩中3-25-8
行き方:京急大鳥居駅から徒歩6分。または京急バス「萩中公園」下車。
見学:9時~17時

多摩川に近い大田区萩中の住宅街の中にある萩中公園。緑豊かで街中のオアシスといった風情の場所です。
野球場やプールもあって広い公園ですが、その北東の一角にある「ガラクタ公園」では子供たちが本物の乗物に触れられるようになっていて、消防車やトラック等とともに3両の車両が置かれています。

433
荒川線7000形の8号車です。平成24年いっぱいで引退後、大田区に譲渡されて設置されました。方向幕がLED化など再更新されたタイプでは今のところ唯一の保存例となります。

料金箱が撤去された以外は現役当時との違いは見当たりませんが、床下に入れないように柵が設置してあります。一時公園遊具での事故が問題になりましたが、その対策でしょうか。

434
7008の前はこの7502が置かれていました。しかし夜間も立ち入れるせいか最後はガラスが1枚も残っていないガイコツのような状態で、公園のリニューアルで解体処分されました。

438
東武鉄道B3形の34号機です。国鉄5600形の同型機で、イギリスの「ベーヤー・ピーコック社」で大正3年製です。東武鉄道最後の蒸気機関車として、大叶線と会沢線での運用を最後に昭和41年に引退しました。
国鉄5600形の保存機は無いので、貴重な1両と言えます。

436
国鉄で使われていた軌道モーターカーです。昭和30年加藤製作所製で最後は大船工場で使用され、昭和51年にここへやってきました。「加藤くん」が公園に保存されるというのは珍しいですね。

440
7502など前代の車両(都バスや化学消防車もいました)が荒れに荒れた反省からか柵が張り巡らされ、夜間は車両に近づけないようになっています。保存車というのは保護と活用のバランスが難しいといつも思いますが、これなら子供の遊び場として活用できて悪戯も防げるので、良いのではないかと思います。

私以前この近くに住んでまして、この公園は夏の夜にもなるとマフラーを改造した爆音のバイクで乗り付けたDQNの集団がキャッキャワハハと騒いでいて、ああきっとこういう連中が破壊行為をしてるんだなと思っていましたが、柵がある今の状態なら安心です。
蚊帳を張ってうるさい蚊が入らないようにしてるようなもんでしょうかね。

↓退出される方は是非こちらからお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット