保存車とB級鉄道

ようこそいらっしゃいました。当ブログでは保存車や鉄道をフィーチャーしたマイナースポットを紹介していきたいと思います。 てっぱくやリニア館、SLみなかみ号などのメジャーどころについては他をあたってください。

396
場所:北海道新得町新内西5線639
行き方:新得駅から約10km。路線バス無し。クルマかバイクで。
冬季休業。
ホームページ

狩勝旧線の新内駅構内に敷かれたトロッコ軌道。20系を見たついでに乗ってみました。
男一人でトロッコを漕ぐ姿はずいぶん哀れなモノだったかもですが、澄んだ空気の中を走るのは気持ちよく、トロッコは実際に保線用だったものだったり、三位式の信号機もあったりと凝っていて、なかなか面白かったです。

394
このトロッコは白糠線の上茶路駅跡に置かれていたので「上茶路号」。

398
一周してきたトロッコは逆向きになるので、ターンテーブルに載せて人力で向きを変える。

401
停止信号で一旦止まって…

402
ポイントが切り替わって出発進行。転てつ器標識もちゃんと切り替わる。

404
閉そく信号機も設けてあります。高原らしい風景の中を走るのはなかなか爽快。

406
チューブとプラ板で造られたタブレット、終着駅の手前にあるキャッチャーに入れるとポイントが切り替わって信号機が進行に変わる仕組み。

407
ループ線を通って本線をもう一周するので、けっこう長く乗れた気がしました。


停止信号に近づくと地上子から信号が送られるらしく、「ストップ!信号守れ!」と忠告される。面白い仕組みですが、命令口調が少しイラッとしますね。

↓応援よろしくお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット