保存車めぐりの記録

ようこそいらっしゃいました。 保存・放置鉄道車両巡りがメインのブログです。

098
場所:和歌山県有田郡有田川町徳田124-1
行き方:藤並駅からバス有田口下車。または観光巡回バスで「鉄道公園」下車(運行は主に土休日)
見学:10時~17時(入場16:30まで)水木休み

有田鉄道金屋口駅跡に開設された「有田川鉄道公園」。前回紹介した有田鉄道の保存車の他、「ふるさと鉄道保存協会」が所有する4両と、JR西日本が保有するD51-1085が保存されています。

上の写真は金屋口駅跡と記念館の間をデモ走行しているもので、手前から三菱石油水島製油所のDB107、蒲原鉄道のト1、国鉄のヨ6114です。もう1両の蒲原鉄道ワム1は庫の中で補修中のようでした。ト1も搬入当初は荒れ果てた姿だったのが、保存協会の方の努力によって今のような姿になっています。

097

096

094

064
D51-1085。
記念館の入口手前に屋根付きで保存されています。以前は藤並駅前にありましたが、同駅の橋上駅舎化に伴う駅前整備で当地に移設されました。東京→青森→北海道と終始東日本で過ごした車両です。

063

2017年11月に再訪しました。貨車を中心に何両かの車両が追加されていたようですが、わずかな時間しか見学できなかったので、主な2両のみ撮影しました。
083
D51-827。アチハ株式会社が所有しています。
引退後愛知県の個人が所有していましたが、2017年にアチハに譲渡されました。
コンプレッサーで造られた圧縮空気によって走行可能な状態に整備されており、不定期で乗車体験に使用されています。(乗車するのは貨車、または車掌車)

084
紀州鉄道のキテツ1号。
元は北条鉄道の「フラワ1985形の2号車」で、国鉄からの転換用に1985年(昭和60年)に製造されました。
可動状態となっており、体験乗車にも使用されています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット