保存車とB級鉄道

ようこそいらっしゃいました。当ブログでは保存車や鉄道をフィーチャーしたマイナースポットを紹介していきたいと思います。 てっぱくやリニア館、SLみなかみ号などのメジャーどころについては他をあたってください。

028
場所:和歌山県東牟婁郡串本町串本2300-1  行き方:串本駅から徒歩15分 見学:ホテルを利用すれば自由に入れますが、それ以外は多分だめ ホームページ

※平成28年3月末日をもって営業終了

串本にある昭和テイストの観光ホテル、ここの館内に客車がいるそうで一泊して見てきました。
ホテルの端の広い廊下を挟んで2両と1両が置かれていました。鉄道友の会が出している「保存車・廃車体一覧」ではオハフ50-66、211、218、240の4両とされていますが、確認できたのは3両。海側にちょうど1両分の空きスペースがあるので、1両は解体されたのかもしれません。番号は240だけは表記がありましたが、それ以外は消されていてどれが何番かは判別できません。床下は植木が繁っていて見えにくいですが、ちゃんと線路の上に置いてあるようです。
1両はすぐ前にあるプール用の更衣室に、あとの2両はコインランドリーや物置として使っています。

部屋は楽天トラベルで予約して素泊まりで5,000円。建物自体は古いもののそれがまた味があるし、部屋は広く景色も抜群でなかなかよかったです。
しかし汚れた客車が隅にあるせいで、せっかく清潔にしているホテルの外観を損ねているような感じも…。

031

032

036

042

039

041

043

044

035

046

027

022

021

↓一押し頂けると嬉しいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット