保存車とB級鉄道

ようこそいらっしゃいました。当ブログでは保存車や鉄道をフィーチャーしたマイナースポットを紹介していきたいと思います。 てっぱくやリニア館、SLみなかみ号などのメジャーどころについては他をあたってください。

127
場所:愛媛県新居浜市角野新田町3-13 行き方:新居浜駅からマントピア行バスにて山根グランド下車 見学:外観のみ

別子銅山の麓、新居浜市山根地区の別子銅山記念館に保存されている車両たちです。展示館の向かい、神社の境内に置かれています。
明治25年にドイツ・クラウス社から購入され、はるか山上の上部軌道で使用された「別子1号」。日立製作所製部品を別子事業所で組み立て、銅山と新居浜港を結ぶ下部軌道で使用された電気機関車ED10-4。他に坑内用電車や貨車、人車も展示されています。

上部軌道は標高800m以上の山上に敷設された山岳鉄道。「東洋のマチュピチュ」と謳われる東平地区から廃線跡を遠望できますが、山の稜線に近い高みで、とても汽車が走っていたとは思えない場所です。まさに「天空の汽車」という感じだったのでしょうか。

130

132

131

126

125

↓ぜひ一押しご協力ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット