保存車めぐりの記録

ようこそいらっしゃいました。 保存・放置鉄道車両巡りがメインのブログです。

その1の続きです。

414

キハ82 1とキシ80 34です。本館建屋前に置かれています。キハ82は国内初の特急型気動車キハ80系列の貫通型先頭車、キシ80はそれまでのキサシ80に代ってエンジン付きとした食堂車で、どちらも昭和36年登場。どちらも車内に入れ、キハ82は運転台にも座れます。ブレーキ弁の右上にボタンがあり、押すと汽笛が鳴る仕掛けです。

415

417

420

421
C55 50。運転席にも入れます。両側にホームがあるので、下回りを見ることはできません。

422

423
C55次位のスハ45 14です。昭和26年から大量に製造されたスハ43の北海道向け仕様で、温気暖房や二重窓など北海道向けの設備が特徴。車内はフローリングに改装され、ライダーハウスのようです。

424

425
スハフ44 1です。こちらはスハフ42の北海道版。こちらの車内は引退時のままで、窓のアルミサッシや環形蛍光灯など、近代化改造車の特徴が見て取れます。

426

427
日銀所有の現金輸送車マニ30 2012です。国鉄民営化後はJR貨物に車籍があり、この2012号は隅田川駅に常駐していたラストナンバー車。現役時代は存在そのものが秘匿され、幻の存在でした。
車体中央が日銀職員用の控室で前後に荷物室があり、後位側の荷物室から控室の半ばまでを見学できます。控室にはリクライニングシートに便所、A寝台用のベッド、さらにはレンジに冷蔵庫やコーヒーと生活に必要なものは一通り揃っており、あとは風呂さえあれば車内で暮らせそうです。荷物室には現金用の箱が再現されてますが、蓋を開けると札束が出てくるような粋な演出は用意されていません。
荷物室はおろか車掌室にまで監視カメラが設置され、控室のモニタに映されます。現金輸送という特殊な運用にあっては車掌ですら監視の対象であったのです。

437

429

430

431

432

436

434

435

433


その3へ

↓退出される場合は是非こちらから。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット