保存車とB級鉄道

ようこそいらっしゃいました。当ブログでは保存車や鉄道をフィーチャーしたマイナースポットを紹介していきたいと思います。 てっぱくやリニア館、SLみなかみ号などのメジャーどころについては他をあたってください。

かつては加茂~五泉を結び、末期は加茂~村松間の廃止・路線縮小によって村松〜五泉間わずか4,2kmの短距離鉄道として知られた蒲原鉄道。その保存車がいくつか残されているということで、沿線を巡ってみました。

103

昭和60年4月まで蒲原鉄道の終着だった加茂駅です。こちらはかつての蒲原鉄道の駅舎で、現在もそのままの姿でJRが西口として使用しています。

104
加茂から信越本線沿いを新津方面へ行くと、蒲原鉄道がオーバークロスしていた場所がありました。築堤や橋脚が残されており、一目でそれとわかります。

105
加茂から内陸へ7kmほどの「冬鳥越スキーガーデン」へ来ました。小型リフトが3台あるだけの小さなスキー場で、オフシーズンの今はゴルフコースになっているようです。かつて冬鳥越駅があった場所です。
麓に3両の車両が見えます。

106
各保存車には階段が設置され、いずれも車内に入るとこが出来ます。

107
村松~五泉間の開業に合わせて大正12に製造されたモハ1形で、当初はデ1形2号でした。製造は東京の蒲田車両製作所で、目黒蒲田電鉄(東急目蒲線)開業用のデハ1形とほぼ同形態の車両です。廃車後も村松構内で職員詰所として車体のみ残されていたものを、パンタや台車を付けて復元したものです。

108
さすがに下回りまでは復元しきれなかったようで、台車に主電動機は無く、機器も少ないので、かなりスカスカです。

128
こちらは、モハ61形。西武鉄道クハ1231形1232号を両運転台化と電動車化の上で昭和33年に譲受した半鋼製車で、西武の前身で現在の池袋線とその支線を開業させた武蔵野鉄道が昭和15年に製造したクハ5855形を起源とします。
西武時代の塗装のまま蒲原でも使用され、後に他の車両も同じ車体色とされ、蒲原の標準色となりました。

115
西武の旧車らしい灰色一色の内装です。蒲原の保存車としてはもとより、西武の戦前製電車の貴重な保存例です。

117
運転台は、半室構造の室内にワンマン運転用の自動放送装置や車掌スイッチなどが置かれ、少々窮屈そうな感じです。

116
運賃表。3駅しかないのでずいぶんシンプルです。

119
車内広告も残されています。確かに今日はいい日になる気分がします。貴重な戦前の西武電車も見れましたしね。

123
こちらは、蒲原唯一の電気機関車だったEL形1号で、昭和5年、加茂までの全線が開業するのを前に製造されました。東洋電機製の電装品を装備し、日本車両で製造された純国産車両ですが、当時各地方鉄道を中心に導入されていたアメリカのウエスチング・ハウス社(W・H社)製電機の模倣品であるそうで、W・H社製であった信濃鉄道(後の大糸線信濃大町以南)1形とは特に形態が酷似していました。余談ながら、信濃鉄道1形は、後に松本電鉄のED30 1、三岐鉄道ED22 2、弘南鉄道大鰐線ED22 1となり、松本と三岐は保存、弘南にいたっては現役で、現在も全車とも姿を残しています。

124
機器類は床下やボンネット内に納められ、制御方式もマスコンで直接大電流を扱う直接制御式で制御器も無いため、運転室は広々としています。

126
巨大なしゃもじのようなもの。車号が彫られているので搭載品のようですが、ディスコン棒か何かでしょうか。

130
スキー場の一部はバラ園となっており、ややピークは過ぎた感じでしたが、多くのおばさま方が見に来ていらっしゃいました。声高に話す声がゲレンデに響きます。皆さんにもバラの花のように可憐な時代もあったんでしょうか。花の命短し。

132
こちらは、休憩所にあった蒲原鉄道廃止時の新聞記事。ルーズソックスの女子高生に時代を感じます。戦前製の電車で通学できるなんて羨ましいですね。当時はうら若き乙女だった彼女たちもいまや30代。

所在地:新潟県加茂市大字長谷186-7
交通:信越線加茂駅より市民バス上土倉行、高松行、村松駅行のいずれか(1〜2時間に1回程度)にて冬鳥越下車
見学:8時30分~17時

↓あなたの愛のワンクリックを。是非!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット