保存車とB級鉄道

ようこそいらっしゃいました。当ブログでは保存車や鉄道をフィーチャーしたマイナースポットを紹介していきたいと思います。 てっぱくやリニア館、SLみなかみ号などのメジャーどころについては他をあたってください。

新潟市内の白山前と燕を結び、路線短縮の後平成11年に廃止された新潟交通電車線、廃止時の車両が保存されているという旧月潟駅へ行ってきました。末期は南側の終着駅だった場所です。

062

かつての月潟駅前にやってきました。今でも商店街があり、駅を中心とした市街地であったことがわかります。月潟村はいわゆる平成の大合併によって廃止され、現在は新潟市南区となっています。

102
商店街から中之口川の土手への坂を上ると、駅舎が見えてきました。坂の途中にあるので、二階に待合室やホームがあるという変わった構造です。

063
電車がホームに横付けされているのがわかります。線路は長めに残されていて、駐車場が併用軌道のようになっています。駐車場部分にはかつて貨物用ホームがあったそうです。

098
ホームのすぐ隣は中之口川、新潟交通電車線は中之口川の舟運に替わるために建設されたといいますが、それを思わせる情景です。

096
こちらの保存車は「かぼちゃ電車保存会」の皆さんの手によって保守管理が行われているそうで、年に数回のイベント時以外は原則車内公開はしていないそうです。が、しばらくウロウロしていると管理人の女性が現れ、「車内も見る?」と声を掛けてくださいました。ええ、是非!

065
新潟方に置かれたモハ10形の11号車です。岳南鉄道や松本電鉄上高地線にも納入された、いわゆる日車標準車体を持つ17m車で、昭和41年に旧型車の車体更新名義で登場したとのこと。細部が異なる同型車を含めて8両が製造され、小田急出身のモハ2220形と共に廃線まで主力として活躍したそうですが、現存するのはこの1両のみとのことです。

084
車内は子供向けの本を置いたミニ図書館となっています。

085
種車から流用されたマスコンとブレーキ弁が見えます。床下機器にも言えることですが、それほど古さを感じさせない車体に対して、機器類は無骨で古風なものです。

087
非常ブザがバスの降車ボタンのようです。降りる駅が近づいたらうっかり押してしまいそうです。


069
こちらは、電動貨車モワ51形で、昭和8年の電車線開業と同時に製造。新潟交通では貨物輸送を多く見込まなかったため、電気機関車と比べて牽引できる貨車の両数が限られる代わりに自車にも荷物を積める「電車」が採用されたのだそうです。

075
車体の一部は補修の最中。空いた穴から木の部材が見えています。数両の貨車を牽引して走る姿は模型のようで人気があったようです。新潟交通の貨物輸送は昭和57年に廃止されましたが、同車には後述するラッセル式除雪車の牽引用としての役目が残されていたため、廃線まで残されたとのこと。

074
車体が11mと短いので、床下にある機器は主抵抗器や主制御器、ブレーキシリンダなど一部のみ。残りの機器は車内に収められているようです。

077
荷物室に入ります。「月潟行」のトロッコはイベント時に駐車場の線路で走らせるそうです。
内装は屋根以外はすべて木製、落ち着く空間です。

081
「床下機器配線保護と危険防止のため、鮮魚介其の他水気のある荷物の取扱には充分注意下さい」とあります。床が濡れると水が床下機器にまで染み出してしまうわけですね。床は木ですし。

079
運転席です。計器類は圧力計がひとつだけ。速度計もありません。

080
床下に置けない機器類が運転台の後ろに置かれています。すぐ後ろにコンプレッサーがあるようでは、運転士は相当うるさい思いをしたんじゃないでしょうか。労働環境としては良くなさそうです。

082
反対運転台には断路器や接触器の類が置かれています。機器類が車内にもあるあたり、電車と機関車の折衷といった感じです。背中のすぐ後ろに高圧が来ているというのは運転士にとって落ち着かない気がします。

076
3両目は、ラッセル式除雪車キ100形116号です。昭和3年から製造された国鉄の単線用除雪車で、こちらの116号は昭和7年大宮工場の製造、新潟交通への入線は昭和42年で、他の2両と同じく廃線まで在籍。

089
車内です。配管や機器類が所狭しと並んでいます。



091
除雪翼の操作レバー。新潟交通入線にあたって屋根上にある空気ダメが2つ撤去されたので、本来6つあったレバーも4つに減らされています。(もう1つは運転台側)
左が左翼、中のが右翼、右のが分岐器や踏切では上げなければならない、前面のフランジャーと呼ばれる爪を操作するレバーです。

090
前述のモワ51に押されて運転されていたため、モワを遠隔制御するために電車用のマスコンとブレーキ弁があります。

094
駅舎も保存され、路線が現役だったころの写真や資料が展示されています。

099
保存会の会報が掲示されています。雪の時期は車両全体をシートで覆ったり、要補修箇所をひとつずつ直したりと、地道に活動されていることがわかります。

路線短縮やワンマン化などの合理化やバスとの接続改善など、存続のための努力をするもモータリゼーションの波には勝てなかった新潟交通電車線。終着駅の白山前が新潟市内の外れにあったことが最大のネックであったようで、戦前、戦後の2度、新潟市中心部から萬代橋を越えて新潟駅前への延伸が図られるも、実現することはありませんでした。
もし新潟駅前まで開通していれば、駅から万代シティなど中心部への重要な脚となり、沿線の発展にも寄与したはずで、電車線の運命は違ったものになったのかもしれません。

所在地:新潟市南区月潟2894
交通:新潟駅前から新潟交通バス820系統月潟行にて終点下車(2015年9月より途中乗換となる予定)
見学:イベント時以外は外観のみ。ただし、土休日は補修作業等のため会員がいることが多く、その際には車内見学可能とのこと。
保存会ホームページ

にほんブログ村←退出される方へ、ぜひともワンクリックお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット