保存車とB級鉄道

ようこそいらっしゃいました。当ブログでは保存車や鉄道をフィーチャーしたマイナースポットを紹介していきたいと思います。 てっぱくやリニア館、SLみなかみ号などのメジャーどころについては他をあたってください。

021
長崎市電の浦上車庫前です。
営業所で許可を頂き、車庫内の電車を撮影しました。

010
こちらは、昭和23年から製造された元仙台市電モハ100の1050形1051号車で、昭和51年の仙台市電廃止に伴い長崎に移籍したとのこと。仙台市電は軌間が1,067mmで、1,435mmの長崎市電とは異なるため、台車は西鉄北九州線からの発生品に交換されているそうです。
細面が1,435mmの広い軌道に載っている姿は、少々アンバランスな感じです。
冷房が搭載されていないことと、車体幅が狭く収容力に乏しいため、予備車とのこと。

011
元都電2000形の700形です。都電で唯一1,067mm軌間だった14系統杉並線専用車として昭和26年の登場、こちらの701号は元2018号で、昭和30年の製造です。
杉並線は、昭和38年の丸ノ内線の荻窪開業と同時に廃止されたため、以後は、台車を1,372mm軌間に改造の上で、三田、目黒、広尾、早稲田の各車庫で使用されました。
長崎へは昭和44年に6両が譲渡され、台車を1,435mm軌間のものに再改造。小型車であるために収容力に乏しく、新車投入によって他の5両は廃車されましたが、701号のみは都電時代の塗装に復元され、動態保存されています。
2回も軌間を変えられた車両というのは大変珍しいですね。

012
こちらは、昭和28年に製造された元熊本市電170形の600形601号です。基本的にイベント時以外は営業運転をしないが、ICカードにも対応しており、車両故障などで時折通常の運用に入ることもあるとのこと。これは上の2両も同じだそうです。

013
車内にも入れて頂きました。レザー張りのシートに広告のないシンプルな内装です。

015
運賃箱はICカードにも対応した新しいものです。

014
運転台の後ろには車歴が掲示され、水害で浸水してしまったことなどが記されています。

016
建屋内入り、最初に目についたのがこちらの168号。
西鉄の前身九州電気鉄道1形として明治44年に製造、北九州線で使用されました。戦後に福岡市内線へ転属して100形とされ、長崎への転入は昭和33年。御年104歳。
塗装は長崎電軌創業時のもので、屋根の一部や車体の唐草模様など登場時に近い姿とされていますが、車体は復元新製ではなく登場時のものとのこと。
6月、10月、11月の各1日ずつ営業運転が行われるそうです。
100歳を越えて現役の車両というのは他にあるでしょうか?

017
柱が邪魔で顔しか写せませんが、箱根登山鉄道小田原市内線より転入した151号です。
本来は、都電荒川線の前身王子電気軌道400形で、大正14年の製造、王子電軌の都電への併合後は都電100形とされ、第二次大戦では全10両のうち7両が被災、3両のみが残る。このうち2両が小田原市内線へと移籍、昭和31年の小田原市内線廃止によって長崎に転入…と、非常に複雑な経歴の1両です。

018
車内です。意外にも床は木ではありません。シートを貼っているのでしょうか。

020
貴重な小田原時代の写真が貼られています。小田原市内線って古いんですね。この中で現存するのは都電と江ノ電だけ…。

019
この車両には運賃箱等の接客用機器は設置されておらず、イベント時以外に営業運転することはないとのことです。ただし、長崎で毎年お盆に行われる「精霊流し」では大量の爆竹を路上で炸裂させるため、線路に蝋が付着して電車が滑るので、始発前にこの151号を走らせて砂撒きをするとのこと。
お盆に長崎に来て早起きをすれば、走る姿が見れるかもしれません。

このように、浦上車庫は多くの貴重な車両が保管されており、さながら路面電車の博物館のようです。車両保存にここまで熱心な鉄道というのは、全国的にも珍しいと思います。


所在地:長崎県長崎市大橋町。
交通:市電浦上車庫前下車。
見学:職員の方の手が空いていれば見せてくれるようです。

↓ポチッとご協力をお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット