保存車とB級鉄道

ようこそいらっしゃいました。当ブログでは保存車や鉄道をフィーチャーしたマイナースポットを紹介していきたいと思います。 てっぱくやリニア館、SLみなかみ号などのメジャーどころについては他をあたってください。

051
場所:茨城県常総市水海道高野町351-1
交通:水海道駅から約1.5km、駅前にレンタサイクルがあります。またはバス「水海道車庫前」下車。
見学:イベント以外は敷地外から
(撮影:平成27年5月)

関鉄水海道車両基地に留置されている車両です。

キハ301です。
本来は国鉄高崎第一機関区所属のキハ30-16で、筑波鉄道に譲渡されキハ301となり、筑波鉄道廃止によって常総線に再移籍しました。
今では外観上は普通のキハ30と同じようですが、関鉄入線後も筑波鉄道時代のまま行先表示幕が埋められたままで、後に復元されるまでは異彩を放っていたそうです。

052
整備されなくなってから長らく経っているのか、腐食が進んでいます。

BlogPaint
こちらは、DD502です。私鉄のディーゼル機関車は国鉄のDD13を模倣したものが多く存在しましたが、こちらはそれより以前の昭和31年に製造されたもので、黎明期のDLの生き残りとして貴重な存在です。
昭和49年の貨物輸送廃止後は取手~水海道間の複線化工事列車や、新車輸送、イベント列車として気動車を牽引したりしましたが、現在は旧車状態とのこと。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット