保存車めぐりの記録

ようこそいらっしゃいました。 保存・放置鉄道車両巡りがメインのブログです。

鉄道系飲食店の草分け的存在として知られる、祐天寺のカレー屋さん「ナイアガラ」。テレビや雑誌なんかに登場することも多い有名物件です。
何度か行ったことがあるのですが、長らくご無沙汰していたので、久しぶりに行ってみることにしました。

001
地下化で迷路のようになってしまい、いまだに構造がよくわからない渋谷駅から東横線で約10分。祐天寺へやってきました。祐天寺駅は上りホームを移設して線間に上下線共用の通過線を新設するとのことで、すでに工事が始まっていました。

002
駅前商店街の入口にお店の広告看板があり、これに従って渋谷方面へ歩きます。

003
駅から5分ほどでお店に到着です。以前はもう少し駅寄りの古いお店でしたが、2年くらい前に移転してきたとのこと。

005
駅名票や0系のムーバーなど…よく集めたものです。店内が満席の時はここで待つようです。

004
カレーだけでなく、パスタやお酒もあるようで、なかなか豊富なメニューです。

005
入口のドアは12系か14系あたりのでしょうか。手で押して入ります。

016
この時は休日のお昼時で、なかなか繁盛していました。旧客のオハ61形式のボックス席が2つと、10系気動車あたりのものと思わしきボックスが1つ、カウンターが3席ほどで、合計15席ほどです。

客層は親子連れと鉄ヲタが半々くらいという感じです。

008
旧店舗は倍くらいの広さだった覚えがありますが、店が狭くなった分、鉄道グッズが隙間なく並べられて、以前にも増して濃厚な空間になった気がします。

007
各地の駅長さんの書や絵があります。西脇と横手の駅長さんの絵心はなかなかのものですね。ただ部品を並べただけでなく、こういう人間味があるものがあるのが良いです。

006
便所のドアは旧客から持ってきたものでしょうか。よくピッタリと嵌ったものです。

017
北京~モスクワ間を結ぶ第3・第4列車のサボがあります。モスクワ行き第3列車は5泊6日、北京行き第4列車は6泊7日をかけ、7,600㎞あまりを走っています。死ぬまでに一度は乗ってみたいものです。

011
こちらのお店のウリは、なんといってもこれ。
Gゲージの模型汽車がカレーを運んできてくれます。

009
到着。同行者が頼んだチーズカレーです。

008
私はカレースパゲッティーにしました。茹でたての麺にカレーとチーズが絡み、濃厚でなかなかイケます。老夫婦だけでやってる洋食屋とかで出てきそうな感じ。

013
会計所は、このように駅の出札口風になっています。徹底してますね。
店員の女性は食堂車のウェイトレスの恰好で接客してくれます。けっこうイイっすね。

012
お土産に記念スタンプと硬券の入場券をくれまます。

011
なぜか一緒に真岡鉄道のチラシをくれました。

009
1カ月ほど後に再訪。平日の12時前で、この時はお客は私ひとりでした。SLが後ろ向きになっています。

010
今回は、ドライカレーを頼んでみました。
ほどよい辛さのご飯にピーマンやニンジンのパリッとした食感が良いアクセントになっております。昭和の洋食屋メシといった感じで、また食べたくなる味です。

所在地:東京都目黒区祐天寺1-21-2
営業:11時~20時。月木休み(祝日は営業し、翌日休み)
交通:東急東横線祐天寺駅から徒歩5分。
ホームページ

↓よろしければポチッとお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット