保存車とB級鉄道

ようこそいらっしゃいました。当ブログでは保存車や鉄道をフィーチャーしたマイナースポットを紹介していきたいと思います。 てっぱくやリニア館、SLみなかみ号などのメジャーどころについては他をあたってください。

前回より

ジャカルタに着いて2日目です。今日は本格的に日本からの中古電車を見て行こうと思います。

DSCF5343
こちらは、ジャカルタ・コタ駅です。

かつて東インド会社が拠点を置き、オランダ統治時代の建築が多く残るコタ地区(旧バタビヤ)の南側に位置しており、建設はやはりオランダ統治時代の1870年。歴史を感じさせる欧風の駅舎と頭端式ホームがズラリと並ぶ姿は、ヨーロッパのターミナル駅を思わせます。

多くの通勤電車と一部の長距離列車が発着するジャカルタ随一のターミナルとあって、多くの人々が行き交い、セブンイレブンやKFCなど店舗も充実しています。

DSCF5344
ジャボタベックの乗車券は、コメットカードと呼ばれるICカードに統一されており、紙の切符はありません。

日本のように事前に一定額を入金しておく方式ではなく、乗車の度に出札窓口で目的地までの運賃を支払い、カードにデータを入れてもらうという方式です。

最初に乗るときは目的地だけを告げれば、デポジット5000ルピア(50円くらい)と運賃の合計額を請求され、新品のカードにデータを入れて渡してくれます。

Peta_Lintas_KRL_Jabodetabek_2
ジャボタベックの路線図です。

多くの路線がコタ駅を起点としていることがわかります。コタ駅で観察していた感じでは、ボゴール方面に向かう電車が一番多く、次いでブカシ方面という感じでした。

ピンク色の路線のうち、カンプン・バンダンから港のあるタンジュン・プリオクまでは長らく休止中ということで、コタ~カンプン・バンダンの1区間のみ4両編成でピストン輸送を行っているようです。私がジャカルタに滞在している間は元都営6000系の先頭車化改造車が使用されていました。

DSCF5337
発車を待つ元東急8000系です。8両の長い編成は東横線時代を思わせます。

ご覧のようにホームにも電車にも行先は表示されておらず、どこに行く電車なのか全然わかりません。
電車が入線するときに駅員が放送をしますので、声の中から「ボゴール」や「ブカシ」など行き先と思われる単語が聞き取れれば、まぁ多分それが行先でしょうという感じです。
それでもわからなければ、運転士や各ホームにいる警備員に聞けば普通に教えてくれます。

DSCF5330
電車の両先頭車は女性専用車となっており、このような派手な装飾がなされています。終日実施ですので、運転台のかぶりつきはできません。

DSCF5345
ホームによっては地面から乗り込むようなところもありました。
駅に着いて何も考えずに降りると、怪我します。

DSCF5346
車内、座席が青いものに替えられているくらいで日本時代とほぼ変わりませんが、スカーフを被った女性の姿が異国にいることを感じさせます。

DSCF5347
マンガライ駅に来ました。こちらの駅は2つの路線の交点となっており、次々に電車がやってきます。


都営6000系の先頭改造車。現地のセンスで顔が作られているので、ずいぶん印象が変わっています。

DSCF5348
常磐緩行線で使用されていた203系です。走り出すとアルミのドアがガタガタとうるさかったのも懐かしいですね。

DSCF5349
このように、日本ではあまり見られない大胆な全面車体広告が見られます。
全面広告をしているのは203系や6000系、05系といったアルミ車ばかりです。ステンレス車は車体のギザギザで広告がウネウネしちゃうからダメなんでしょうかね。


構内踏切に遮断機は無いので、電車が近づくと警備員が客を制止します。

DSCF5351
こちらは、元東西線の05系です。なんとなく東葉高速っぽい感じです。


コタ方面へ発車していく5000系。運転士がニヤッと笑いかけてきました。

DSCF5352
駅舎に隣接するホームはマンガライ発着の電車の専用のようで、乗り降りがしやすいように階段状の踏み台が置かれています。

DSCF5353
コタ方面から、珍しく行先のサボを掲出した5000系がやってきました。これに乗ってボゴールへ行ってみます。

ホーム屋根に有刺鉄線があって物々しいことになってますが、客が電車の屋根登らないための対策とのことです。
ジャボタベックは、現在では冷房付きの「コミュータ」に統一されていますが、2013年6月まで「エコノミー」という冷房無しの種別があり、運賃が安いエコノミーに乗客が集中し、屋根にまで人が乗るという状態だったそうです。
これは危険な上に不正乗車も多かったということで、対策として有刺鉄線付を設置したり、警備員がホームを巡回しています。

私はジャカルタに滞在中、電車の外に人がぶらさがっていたり、屋根に人が乗っているのは一度も見かけませんでした。

DSCF5355
郊外に出ると駅間が長くなり、かなり速度を出します。東西線時代の快速を思わせる走りっぷりです。

DSCF5371
1時間少々の乗車で終点のボゴールに着きました。
ボゴールはジャカルタの南60kmに位置する高原の避暑地で、大きな植物園があることで知られています。

DSCF5378
この街はジャカルタとの行き来が多いようで、頻繁に発着する電車はどれもなかりの乗車率です。
車号と帯の色が有楽町線みたいで紛らわしいですが、6000系です。

DSCF5380
元埼京線の205系(川15)がやってきました。205系は現在ジャボタベックの最大勢力となっているようですが、この時はまだこの1編成しか稼働していませんでした。他の電車は全て8両編成ですが、こちらは埼京線時代の組成のまま10両で運転していました。
ホームが8両分しかなくて後ろの2両はホームにかからないので、乗客はピョンと線路に降りて出口へ歩いていきます。

DSCF5357
6扉車だけ、大崎行の表示が出ています。

DSCF5379
こちらは、駅に隣接するボゴール電車区です。入口の係員に「中で写真を撮りたい」と手振りを交えて聞いてみましたが、「許可書が無いとダメ」とのこと。
一番乗りたかった103系は庫の中です。当分出て来なそうな雰囲気ですね…

DSCF5375
駅前に出てみます。駅前一帯は市場となっており、様々な品物を扱う店が犇いています。

DSCF5374
駅を発車したジャカルタ行きの5000系が、市場の中の踏切を走ってゆきます。

DSCF5373
店頭に見たことのない魚が並びます。様々な商品を見ながら市場の雑踏を歩くのは、東南アジアの旅の醍醐味です。


※お伝えした内容は、私が現地を訪問した2014年3月時点のものです。


つづく
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット