保存車めぐりの記録

ようこそいらっしゃいました。 保存・放置鉄道車両巡りがメインのブログです。

場所:岐阜県本巣市根尾宇津志54 行き方:樽見線日当駅から徒歩約10分。 見学:お店の方に聞いてみてください。 樽見鉄道開業時に導入された車両です。富士重工業がローカル線向けに開発したLE-CarⅡで、長さ11.6mの小さな車体に2軸車輪という姿はまさに「レ …
続きを読む

場所:岐阜県揖斐川町谷汲長瀬936-4 行き方:樽見線谷汲口駅前 見学:外観のみ 樽見鉄道の谷汲口駅前に保存されている車両です。この車両は樽見鉄道開業に合わせて国鉄から譲渡され、主に朝のラッシュ時の通学列車に使用されました。国鉄時代の車号はオハフ33-1527で …
続きを読む

場所:岐阜県揖斐川町谷汲徳積1412-1バス:揖斐駅から「谷汲双門」下車。または谷汲口駅から「谷汲」下車。谷汲線の終点だった谷汲駅に保存されている2両です。すでに廃止から15年が経っていますが、車両も駅舎もホームも廃線間際に来た時とほとんど変わらない姿で、当時に引 …
続きを読む

場所:岐阜県大野町黒野560-4行き方:岐阜駅から大野行バスにて「黒野八幡町」下車ホームページ※この車両は1年間限定で美濃市から借りていたもので、平成28年2月いっぱいで本来の保存場所である美濃駅跡に戻っており、現在ここにはいません。揖斐線と谷汲線が分岐していた黒 …
続きを読む

場所:岐阜県北方町柱本2-125-2 行き方:穂積駅からバスで「柱本南」下車徒歩5分 営業:8:30~20:00 火水定休 かつて名鉄揖斐線が通っていた北方町にあるパン屋さんです。同線で使われていたモ750形が建物の中にすっぽり収まった状態で活用されています。車内の半分にはパン …
続きを読む

場所:岐阜県岐阜市金町5丁目行き方:新岐阜駅から徒歩10分弱見学:普段は柵越しに外観のみ岐阜市中心部にある金(こがね)公園に保存されているモ510形です。モ510形は大正15年から平成17年の名鉄600V線区全廃までの約80年も現役で、揖斐・谷汲線のアイドル的な存在でした。「 …
続きを読む

場所:都羅山駅構内行き方:ソウルからDMZトレインで。ほか板門店などのツアーでも立ち寄る。韓国のソウル(旧京城)と北朝鮮の中国国境の街、新義州を結ぶ京義線。朝鮮戦争後は分断されていましたが、金大中政権下のいわゆる「太陽政策」で再締結され、韓国側の境界駅として20 …
続きを読む

場所:京畿道坡州市汶山邑臨津閣路148-53行き方:臨津江駅から徒歩10分。このほか板門点や第3トンネルのツアーに参加すると昼食で立ち寄ります。朝鮮戦争休戦後、緩衝地帯として南北境界の両国約2kmずつ「非武装中立地帯」が設けられています。韓国側ではさらに南に「民間人 …
続きを読む

場所:広島県安芸太田町加計西旭町行き方:広島バスセンターから三段峡行で「加計中央」下車。見学:普段は柵越し。乗車はイベント時のみ保存会ホームページ可部線の加計駅跡の保存車です。車両はキハ28で、急行型気動車の決定版であったキハ58系の1エンジン車(キハ58は2エン …
続きを読む